自然素材の採用に対する動きの鈍いマンションデベロッパー

「自然素材で内装する快適な住まいを提供したい」夏場にサラッと踏み締める無垢材の床の気持ちよさ、職人の手わざで仕上げた珪藻土の
壁が室内の湿気を吸湿し、爽やかな空気の肌触りを感じて過ごす。そんな感覚が普通に味わえる暮らしをマンションでもど提供していきたいという思いを抱き・ながら、「エコヴィレッジ」という分譲マンションの設計を行ってきました。さかのぼること約日年、エコヴイレッジの原型は自然素材のオプション採用からスタートし、自然素材の特徴が生きる加工資材を採用してきました。その過程で念願だった自然素材そのものを内装に採用する技術や勘が備わり、現在のエコヴィレッジでは、無垢材のフローリングを床に張り、壁は珪藻土を塗り仕上げることができるようになりました。今では1800戸以上のエコヴイレッジをど提供させて頂くまでになっています。自然素材は傷や汚れがつきやすく、一般の方から見れぽ、引渡し時の仕上がりレベルは新建材のマンションと比べると見劣りするかもしれません。しかし自然素材の内装は、光りの反射の仕方も新建材のキラキラ感とは異・なり、しっとりした感じを演出します。もちろん空間の落ち着きとは別に、夏の過剰な湿度を抑えるとともに、冬の乾燥や結露が少なくなるなど、快適な室内環境を提供するために必要不可欠な素材ですが、これまでのエコヴィレッジを様々振り返ると、そのことを確信するととができます。自然素材の内装は、意識の高い方の中では戸建ての注文住宅やリノベlションと呼ばれる中古マンションのフルリフォームなどでは当たり前になりつつあります。無垢材のフローリングや珪藻土の壁など、今や珍しくありません。一方、新築マンションでは、いまだにビニールクロスや合板のフローリングといった工業製品である「新建材」が使われています。自然素材と比べると傷や汚れに強く、一定期聞は美しさを保てるといわれています。新建材は1960年代後半におけるマンションの建築ラッシュの噴から使われるようになりました。私たちの会社でも、かつては新建材を使っていました。しかし、却年前の出来事をきっかけに、新建材で内装するととに疑問を抱き、自然素材に着目するようになったのです。